税法上の取扱い

社葬費用はどの範囲まで税務上認められますか?

税法で、社会通念上、通常要すると認められる金額については、損金に算入できると記載されています。 それぞれの企業の規模や形態によっても異なることがありますので、詳しくは税理士にご相談することをおすすめします。

社葬にかかる経費については、法人税法上の取扱いについて把握しておく必要があります。 法人税法基本通達では、「法人がその役員または使用人が死亡したため社葬を行い、その費用を負担した場合において、その社葬を行うことが社会通念上相当と 認められるときは、その負担した金額のうち社葬のために通常要すると認められる部分の金額は、その支出した日の属する事業年度の損金の額に算入できるもの とする」として、社葬費用を法人の経費として認めています。

「社会通念上相当と認められるとき」の判断基準は、社葬の対象となる故人の企業に対する貢献度や死亡の事由などによってなされます。「社葬のために通常要すると認められる部分の金額」については、一般的な会葬に要する費用の範囲内で認められます。社葬の経費として認められない費用については、遺族が負担することとなります。
会葬者からの香典収入については、税務の取扱いについても遺族の収入となります。なお、香典は一旦会社に経理計上してから遺族に渡したりすると、法的には贈与税の対象になるので注意が必要です。
また、社葬費用を経費として認めてもらうためには、社葬を執り行うことを決定した取締役会の議事録が必要となります。全ての支出に関する領収書も必要となります。

社葬.comからのアドバイス

社葬にかかわる費用のうち、税務上損金処理できるものとできないものがあります。税理士と相談しながら予算を作成しますが、必要な場合は、当サイトでもこの分野のエキスパートの税理士をご紹介しています。お気軽にお問い合わせください。

一括見積り 価格チェック

お電話でもご対応させていただきます。

ご葬儀内容・費用についてもお気軽にお問い合わせください

0120-939-863

社葬の主要会場

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 
関東 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 
中部 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知 三重 滋賀 
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 
関西 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄 

お別れの会の主要会場

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 
関東 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 
中部 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知 三重 滋賀 
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 
関西 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄 
  • story(ストーリー)
  • Storyお別れ会
  • 会社同僚を偲ぶ会
  • アニメ監督を偲ぶ会
  • 野球監督のお別れ会
  • 関連サービス
  • 社葬・お別れ会20の事例集プレゼント
  • いい葬儀