合同葬

企業が遺族と合同で葬儀を主催し、個人葬と本葬を一緒に行うのが合同葬です。また、2つ以上の企業や団体が合同で行う葬儀も合同葬と呼ばれます。
合同葬は、ご遺体を火葬するまでの全てが流れの中に入っているのが特徴です。
喪家の宗教・宗派で行うことが通常ですが、基本的には遺族との話し合いによって決められます。

 

葬儀費用についても、企業と遺族双方の話し合いによって決定されます。寺院へのお布施の費用に関しては遺族が持ち、斎場の費用や葬儀費用については企業が 持つなど、それぞれのケースによって様々です。また、名義を合同葬とする場合でも、社葬規程で定めておけば企業が費用の全額を負担しても構いません(但 し、火葬料と戒名・法名へのお布施を除く)。
2社以上が主催して行う合同葬では、故人が数社と関係していた場合、それぞれの企業での役職、企業の規模などによって、その分担が異なるのが普通です。 社葬は通常の個人葬と違い、企業を社会的にプレゼンテーションするという性格を持っています。近年ではそれを重視する傾向がますます強まり、一般の葬儀にある宗教的・儀式的色彩は、徐々に薄れつつあるのが現状です。
そのため、葬儀式よりも企業アピールに向いた告別式が重視され、ホテルを会場とする「お別れ会」など、パーティー色を強めた社葬が増加しつつあります。
また、昨今の経済不況により、大企業は社葬経費を抑える傾向を強めつつあります。その一方、これまで社葬とは無縁だった中小企業が、比較的経済的な個人葬と合同した形の「合同葬」を行うという流れも出てきています。

合同葬は、亡くなられてから葬儀までの時間が限られており、準備が非常に慌しくなりがちです。また、取引先などの会社関係者と個人的に親交のあった方々が混在するため、葬儀の運営には細心の注意が必要となります。
合同葬は、通常の社葬に比べて、社葬費用を抑えることができるというメリットがあります。そのため、合同葬の出現により、これまで社葬を行わなかった中小企業が社葬を執り行うというケースが増えてきています。

社葬の主要会場

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 
関東 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 
中部 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知 三重 滋賀 
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 
関西 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄 

お別れの会の主要会場

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 
関東 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 
中部 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知 三重 滋賀 
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 
関西 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄 

一括見積り 価格チェック

お電話でもご対応させていただきます。

ご葬儀内容・費用についてもお気軽にお問い合わせください

0120-939-863

  • story(ストーリー)
  • Storyお別れ会
  • 会社同僚を偲ぶ会
  • アニメ監督を偲ぶ会
  • 野球監督のお別れ会
  • 関連サービス
  • いい葬儀