• 社葬・お別れの会をお考えの方へ【秘密厳守】 メールで相談する
  • 小さな社葬
  • 社葬コンシェルジュ

社葬の企画と準備

社葬は事前に準備しておくべきですか?

社葬を怠りなく進めるためには、前準備として「規定」化しておくべきでしょう。実際に不幸があった場合は、内密にしかも細心の注意を払って準備することが大切です。

社葬は、危機管理という企業としてのマネージメントから常に発想すべきである最重要課題といえます。トップの死という不幸を乗り越え、新たな体制を万全にスタートさせるためには、社葬は必ず成功させなければならない儀式です。
社葬を行うにあたっては、しなければならない手続きや用件・課題が多々あります。
社葬の執行は総務部(長)の職務です。 慶弔の弔の行事として、とりわけ社葬は周到に万全な準備と体制を敷いて、滞りなく運営をしていかなければなりません。

社葬のプロに相談してみる

社葬のプロに相談してみる
【社葬コンシェルジュ対面相談】
東京駅(八重洲)より徒歩2分
平日10時〜17時まで(土日・祝日休)

企業の総務部が中心となって社葬準備を進める場合が多いですが、担当者は社葬経験がないという場合がほとんどです。「何から手をつけたらいいのかわからない」そんな時はプロに相談するのも一考です。例えば、社葬コンシェルジュでは、相見積りから当日のたちあいまで、社葬に関する不安や面倒な部分を無料でトータルサポートしてくれます。秘密厳守で打ち合わせを進めることが可能ですので、社内での準備がきちんと整っていないうちに外部に情報が漏れてしまうなどの心配もありません。

関連セミナーの活用

社葬の準備をスムーズに進めるための方法としては、葬儀社やホテル等が開催する社葬セミナーなどに事前に参加するのも一考です。
大手葬儀社の中には、このようなセミナーを20年近く前から展開しているところもあり、多くの企業の総務部や秘書課などからの参加があります。企業の中にはBCP(事業継続計画)の一環として、事前に葬儀社に相談するところも増えているようです。
事業の最前線にいるトップの死というのは、このBCPにとって最大のリスクの一つともいえます。一時、企業全体がパニックになり、機能不全に陥るところもあるほどです。

また社葬を最前線で執行する総務部などにとっては、対外的に失敗が許されないというのが社葬などの弔事実務です。これらを考えると、葬儀社のセミナーなどに何度か足を運び、その中でしっくりする葬儀社を、候補として考えておく。さらに万一の時の備えとして、事前に個別相談を行っておくというのも一つの方法です。

セミナーでは、他社からの社葬の通知を受けた時の弔電の打ち方や、役員が参列して弔辞を述べるときの注意すべき点など、他社の社葬に参列する際の注意事項や、海外赴任中に社員が死亡した時の対応などを具体的に紹介してくれるような内容のものもあるようです。

社葬.comからのアドバイス

近年の葬儀では、葬儀社がご遺族に寄り添いながら故人を偲ぶさまざまな企画を提案することが多くなっていますが、社葬に関しては華美にならず厳粛にというコンセプトは変わりません。
また短い期間でミスなく進めるには、訃報の直後から総務部と葬儀社がタックを組むのが確実なようです。

一括見積り 価格チェック

お電話でもご対応させていただきます。

ご葬儀内容・費用についてもお気軽にお問い合わせください

0120-939-863

社葬の主要会場

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 
関東 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 
中部 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知 三重 滋賀 
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 
関西 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄 

お別れの会の主要会場

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 
関東 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 
中部 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知 三重 滋賀 
中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 
関西 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 
九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄 
  • story(ストーリー)
  • Storyお別れ会
  • 会社同僚を偲ぶ会
  • アニメ監督を偲ぶ会
  • 野球監督のお別れ会
  • 関連サービス
  • 社葬・お別れ会20の事例集プレゼント
  • いい葬儀